日韓交流おまつりのとき、Apinkのウンジが、日本のファンにお勧めしたい食べ物は?という質問に対してチョングッチャンと回答していました。
その時に初耳だったのですが、チョングッチャンは納豆鍋のこと。
納豆が好きだし、それ以上にウンジが好きだし、これはチョングッチャンを食べなければ!と思っていました。

APink ウンジ
ああかわいいなあうんじ。

で、今回のソウル滞在中に食べてきました。
食べたのはピョルグン食堂。コウケンテツのガイドブックに日本人でも食べやすいマイルドな味のチョングッチャンを提供するお店と書かれていました。
 

お店は仁寺洞(インサドン)のある安国(アングク)駅から徒歩5分以内。
ピョルグン食堂
路地をふたつまがるとこの看板があります。ここがピョルグン食堂。
門をくぐると民家のような作りです。
ピョルグン食堂
とても入りにくい雰囲気ですが、勇気を出して扉を開けると、納豆の匂いがしてきました。
うん、これは納豆だ。間違いなく納豆だ。くさい。
ピョルグン食堂
この日は平日だったので、お客さんは少なく、それでも5組ほどいました。
チョングッチャンだけでなくポッサムやパジョンなどもありましたが、当然チョングッチャンを注文。8,000ウォン(約800円)。
ピョルグン食堂
最初に出てきたおかず。
今回のソウル旅行中に出てきたおかずの中で一番美味しかった。
いよいよ出てきたチョングッチャン。
ピョルグン食堂
ピョルグン食堂
おたまですくうと、このように納豆がいっぱい出てきます。
納豆なので当然クセがあるものの、思ったほどではなくマイルドな味。
優しい味噌味のスープに野菜たっぷり入れて煮込んであるので、ヘルシーで食べやすかったです。

食べ終わって店を出た後も、自分の口と洋服から納豆臭がしばらくしていました。
フリスクとファブリーズが欲しくなる。

念願のチョングッチャンを経験できて良かったです。
ウンジにチョングッチャン食べたよって報告したい。 
より強烈なやつも食べてみたい。