楽しすぎたお食事会から、タクシーでVアプリ収録現場に駆けつけました。
サイン会の途中にVアプリ収録があったりして収録現場に居合わせて、がっつり映り込んだこともあります。

しかし、外でやっているVアプリの収録を見学するのは初めての経験。
憧れだったので、見学できて嬉しい〜

この日のVアプリは、直前の食事会で日本人ファンからプレゼントされたピコピコハンマーが大活躍。
終始ピコピコハンマーによるゲームでした。

まずはlaboum6さんのとても綺麗な写真から。
今回のプロジェクトのおかげで、韓国の有名カメラ職人さんとも顔見知りになり普通に話せるようになったのが嬉しい。

LABOUM
叩かれる国民的司会者ソルビン。

LABOUM
ソヨンはガールスピリット頑張ってね。

LABOUM
これはユジョンがZNを思いっきり叩いたところ。
後ろの子供のリアクションが、強さを物語っています。

ピコピコハンマーのプレゼントがなければ、この日のVアプリは何をする予定だったんだろう?

LABOUM #1
わーい、放送中のユジョンだー。

LABOUM #2
ユジョンの見上げる顔、本当に可愛い。好きすぎる。

LABOUM #3

LABOUM #4
ユルヒの良い顔。

LABOUM #5
隙間からユジョンの涼しげな顔。

LABOUM #6
ソヨンは久しぶりのVアプリ収録参加です。

LABOUM #7
巨乳にしかできないという噂の、衣装の横シワ!
ユルヒだけでなく、ヘインも巨乳ということがわかりました。
恐るべき妹組よ。

LABOUM #8
ピコピコハンマーを手にして得意げなユジョン。

LABOUM #9
こんな感じでiPhoneで収録しているんです。

LABOUM #10
収録中でもヘインがこっち見てくれた。
一方ユジョンは、スマホを手にするとファンサービスそっちのけでスマホに夢中になります。

LABOUM #11
なので、人といるのにスマホばっかり見ている人を「ユジョン状態」と呼んでいます。
スマホに夢中なLABOUMファン友達に「ユジョンか!」と突っ込んだりします。

LABOUM #12
ソルビンも目線をくれました。

LABOUM #13
一人ユジョン状態。

LABOUM #14

Vアプリの収録は1時間ほどで終了しました。
見ているだけだけど、楽しかった。
チラ写りもしたし。


続いて「상상더하기」最後のサイン会。
先着方式から抽選方式に変わって初めてのサイン会です。
参加者名簿にずらっと並んだ100人の名前。
以前は参加者が6〜7割であとは常連のループで回してたサイン会に、ついに100人集まる日が来た!
名簿を見ただけで感激してしまいました。

LABOUM
抽選なので、座る位置も抽選。
私が引いたのは、なんと2番。
やった、最前列!と思ったけど、2番の席からはユジョンがほとんど見えない><
早々に場所を移動しました。

LABOUM #15
ぱねぼりょそ!

LABOUM #16

LABOUM #17

LABOUM #18
名前入りマイクをプレゼントされたソルビン。
ミュージックバンクの司会頑張ってね。

LABOUM #19
サイン書き書き。

LABOUM #20
プリンセスソルビン。

LABOUM #21

LABOUM #22
ユジョンの見上(略

LABOUM #23

この日のユジョンはとてもお茶目でした。
プレゼントされた蝶々の羽根を付け、プレゼントされたムーミンのぬいぐるみを抱いています。
私がユジョンに手を振ると、ムーミンの手を振り返してくれます。
ユジョンに向けてハートを作ると、短いムーミンの手でハートマークを作ろうと悪戦苦闘してくれます。
ユジョンに向けて親指を立てると、ムーミンの片手をあげてくれます。

LABOUM #24
これがまさにムーミンでハートを作ろうと悪戦苦闘しているところ。可愛い。

こんな感じで、ステージ上のユジョンとしばらく通じ合って遊ぶことができました。
幸せでした。

LABOUM #25

LABOUM #26

むちゃくちゃ楽しいサイン会を過ごしていましたが、終わりが近づくにつれ、悲しさがこみ上げてきました。
楽しかった1日がもうすぐ終わっちゃう。
熱心に応援した「상상더하기」の活動が終わって、しばらくLABOUMに会えなくなってしまう。
そんな気持ちになって本気で落ち込み、涙が出そうになりました。

LABOUM #27
상상더하기」のMVでユルヒが持ってたハンマーをプレゼントされました。

LABOUM #28

LABOUM #29

LABOUM #30

LABOUM #31
このユジョンすばらしい。

LABOUM #32

LABOUM #33
私に向けてピースサインをしてくれました。

LABOUM #34

LABOUM #35

LABOUM #36



そしてサイン会の最後に「상상더하기」のパフォーマンスもありました。

LABOUM #37

LABOUM #38

LABOUM #39

LABOUM #40

LABOUM #41

LABOUM #42


動画の掛け声を聞くと男だらけのように感じられますが、女性ファンも結構いるんですよ。

パフォーマンスを見て、さらに泣きそうになりました。
この歌をこんなに好きだったんだ!と気づかされました。
普段のサイン会は「あー楽しかった!」って感じでテンション高く帰っていくのですが、この日ばかりは泣きべそかきながら帰りました。


MV撮影ショーケースという活動の初め。
最後の人気歌謡、最後のサイン会という活動の締めくくり。
最初から最後まで立ち会えて、「상상더하기」の活動をフルパワーで応援しきった感があるので、大満足。
Aalow Aalow」の時は活動後期は立ち会えなかったし。 
次の曲もフルパワーで応援したいけど、できるかなー。