FIESTARイェジがアンプリティラップスター2に出演していたことはもちろん知ってましたが、番組は見ていませんでした。

私はかねてからイェジのことを若手のラッパーではトップクラスと評価してたのですよ。
K-GIRLS 新・3大◯◯調査会
http://apink.blog.jp/archives/1021135485.html
なので、アンプリティラップスターに出演が決まった時は嬉しかった。
見てないけど。

イェジ

優勝はできませんでしたが、シーズン2で最も話題になったのはイェジでした。
序盤は編集の影響で憎まれ役のイメージがついてしまったものの、「Crazy Dog」を披露して以降評価が一転。
そこからはかなり良い扱いを受けるようになったのです。


このすべての"神イェジ"の活躍が”狂犬"一発のおかげだろうか。
違う、イェジがこれまで築いておいた実力がなかったら不可能だった活躍だ。
イェジはデビュー前からTiger JKに認められた。
FIESTARはデビューアルバム『VISTA』の準備しながらTigerJKに収録曲「Wicked」フィーチャリングを要請した。
Tiger JKは最初に丁重に断ったが、イェジのラップ映像を見た後、フィーチャリングを受諾した。
イェジの可能性と実力に注目したのだ。
イェジはFIESTARでラッパーだけでなく、ボーカルとしての実力も発揮した。
可愛いコンセプトの「何にも知らない」、セクシーなコンセプトの「One More」、そして最近活動した「짠해」までイェジの広いコンセプト消化力とボーカル、ラップを行き来する実力を確認することができる。
http://tenasia.hankyung.com/archives/743588 
素晴らしい記事。

おかげでイェジの知名度もかなり上がりました。
この勢いに乗って、ソロでデジタルシングルをリリースすることが決まったのです。
わー \(^o^)/ ーい
リリースは12月を予定。音楽番組への出演はしないとのこと。

イェジ

ちょっと前、イェジはインタビューでこんなことを話してました。
FIESTARが「アンプリティラップスター2」イェジのおかげで無名から脱出か。

中学2年生の時にLOENのオーディションを受けた。中3の時から練習生生活を始めた。練習はとても大変だった。悔しいことも多くて。19歳の時にデビューした。デビューしたら変わると思ったが、また始まりだった。
今は22歳。4年目だ。知っている人が誰もいない。どう見ても無名歌手だ。目の前が真っ暗だった。なのでアンプリティラップスターに出演するときも、何かが変わるとは感じられなかった。
http://beautyhankook.wowtv.co.kr/news/articleView.html?idxno=45407 
でも変わった。
運もあったでしょうが、上で紹介した記事にも書いている通り、イェジの実力に世間がようやく注目したということです。

嬉しい。

イェジイェジ

「以前はステージに上がっても、誰?と言われたが、今はステージに上がればみんな"狂犬"と言ってくれる」というイェジ。
この状況は確実にFIESTARにも良い影響を与えるはずです。

타이트해 (Tight)」、「짠해 (You’re pitiful)」と超名曲を立て続けにリリースし、あとは知名度だけという状況だったFIESTARですから、イェジをきっかけに注目が集まったら怖いものなしですね。


FIESTAR - 「짠해 (You’re pitiful)」 

2015年のEXIDのように、2016年はFIESTARの年にしよう!