Apinkの「Mr.Chu」のリリースイベントに当然のように参加してきました。

Apink

1曲目はもちろん「Mr.Chu」から。
豊洲のお客さんの歓声、掛け声はすごい迫力で、Apinkのメンバーたちも驚いていました。

今回リリースイベントで、福岡・大阪・名古屋・東京と回ったけど、行きたいけど行けなかったところは?という司会からの質問に対し、ボミが「日本には猿と一緒に入れる温泉にあるって本当ですか?次は行きたいですー」と言ってました。

そして、クジで引いた質問に対し、Apinkのうち誰が一番当てはまるかをみんなで指差すというコーナーが開始。

一番緊張しないのは?→ウンジ
荷造りが一番上手なのは?→ナムジュ(ウンジ曰く、3日前から荷造りを始める)
一番おしゃべりなのは?→全員おしゃべり。車の中は本当にうるさい
絵が上手なのは?→ナウン。ナウンは木に登ったパンダの絵を披露。でも正直微妙でした
朝が苦手なのは?→ウンジとボミ
一番努力家なのは?→ナムジュ

2曲目に「HUSH」。
ファンミーティングの時は遠くてあまり実感できなかった、サビのダンスの格好良さを堪能できました。
そして「NoNoNo」も披露。
大好きな曲だけに聴けて嬉しいー。

衣装チェンジの間、この日しか観られないという「Mr.Chu」のメイキングビデオ Another Versionが流れます。

再登場して歌ったのは「LUV」!
日本のシングルのリリースイベントで、韓国語の歌が聴けるとは思わなかったので、嬉しかったぁ。

事前に募集した質問に回答するコーナーもありました。
チョロンは子犬派、ボミはミシンが欲しい、ナウンは日本食が好き、ナムジュは森山直太朗の「さくら」を歌い、ハヨンはAKB48の「会いたかった」を歌い、ウンジはお母さんの料理が好き、ということがわかりました。

Apinkになっていなかったら今頃何してたと思う?という質問もありました。
それ、1st Showcaseの時にあった質問だなー。運営側は同じような質問を選ぶなよと思ったり。

ハヨン:軍人。子供の頃から軍人に憧れていた。ボミさん軍隊どうでした?
ナムジュ:それでも今と同じようなことをしていたと思う
ウンジ:歌う警官。親に歌の仕事を反対されていたので、歌う警官になってテレビに出て有名になって歌手になろうかと。結局親に許してもらえた
ナウン:画家
ボミ:子供のころテコンドーを習っていたので、テコンドーの韓国代表になってる
チョロン:Apink以外なんて考えたくない

「最後はチョロンさんが作詞した曲です、みんな知ってますか?」と「4月19日」が始まりました。
PINK PARADISEでも最後を飾った曲!もしかして日本初披露!?
PINK PARADISEの感動が蘇りました。

アンコールではまず「MY MY」。
そして、5月に「LUV」の日本語版がリリースされることが発表されました。
わーい、また5月にApinkに会えるー。

最後はこの日2度目の「Mr.Chu」。
最初よりも大きくなった観客の反応に感極まったのか、チョロンとボミが涙を流して感激していました。


今回オールスタンディングということで、ステージがよく観えるよう、踵が高い靴を履いて行きました。
おかげでステージは観やすかったけど足が痛かった。
ファンミーティングでは、立って見ている観客に対し「足大丈夫ですか?」としきりに問いかけていました。でも今日は言ってくれなかったー。

さて、終了後はメッセージカード手渡し会。
参加の列はとても長く、会場の豊洲PITの近くの橋中腹まで伸びていました。およそ1キロくらい。
橋の上はとても寒く、極寒のPINK PARADISE入場待ちのことを思い出しました。

そうして、40分ほどたってようやくナムジュのメッセージカードを手に入れました。

Apink

私はナムジュ1枚しかもっていないのですぐに帰りましたが、何周もする人は寒いし列長いし大変でしたね。