TeeZeeさんから、2/26のMカウントダウンの観覧レポートをいただきました。
9/28 慶州ドリームフェスティバル レポートに続いて2回目の寄稿となります。
ありがとうございます!

もし、自分のブログを開設するほどではないけど書きたいことがある! というかたがいらっしゃいましたら同様にこのブログを掲載しますので、peko.crash.trap -at- gmailまで連絡ください。


TeeZeeと申します。大阪在住の会社員です。よろしくお願いします。

2/26のM Countdown番組観覧ツアーに参加してまいりました。
比較的安価で、数多くのアーティストの曲を楽しめるのでオススメです。
(ただし頻繁に催行中止になります。あと木曜夜というのはなかなか難しいですが…。)

では、少し長いですが観覧記をご覧ください。


▼観覧位置
M Countdownの観覧席はオールスタンディングです。
その中で、かなり左の後ろ寄りという、ある意味ベストポジションを確保できました。
その理由は…その後ろがMC位置だからです。
図B2
以下の動画で、0:13あたりから画面左側で「포미닛」の黄色い文字を出している男が私です。


▼応援ボード大活躍!
その黄色文字は、私のタブレットに「BlingBlingLED」というアプリを入れて表示しています。
図A5

次に舞台に上がるアーティストは、舞台の下手(客席から見て左側)脇で待機します。
その待機中のガールズグループに、グループ名や曲名を表示して見せると・・・すごく反応がいいんです。
見つけた1人が、周りのメンバーを呼んで表示を指差してくれて、そしてこちらに手を振ってくれます。
BerryGoodもGFriendも、ナミュもソナムも、そしてRAINBOWも手を振ってくれました!
これだけアーティストとコミュニケーションがとれたので、それだけでツアー代金の元が取れました。


では、出演アーティストのうちガールズグループを中心に個別解説します。

▼Berry Good - 「요즘 너 때문에 난 (最近君のために私は)

平均年齢を下げるために、メンバーを3人入れ替えて臨んだ今回の曲です。
声援はある程度とんでいましたが、曲調がゆるいせいか、インパクトには欠けていました。
AOAユナの妹ソユルが話題ですが、私は背と目と口が大きいマンネ、ゴウンに目が行きます。


▼GFriend - 「유리 구슬 (ガラス玉)

まさかの一ヶ月越えロングラン。私の中でも(まだ2月ですが)今年一番の良曲です。
ツアー申込時点で聴けるとは思っていなかったので、感動でした。
会場の声援も大きく人気を実感しました。2番なしの短縮バージョンですが十分です。
まだ応援法がネットに載っていないのですが、マスターして次はドリームコンサートなどで見てみたいです。


▼Nine Muses - 「Drama

こちらも一ヶ月前に出演していたので意外でしたが、ナミュは初めて見るのでとても嬉しかったです。
やはり大きいです。そしてカッコイイです。けど親しみあるのを知っているのでなおいいです。
応援ボードを持って応援していたファンも多いようでした。


▼RAINBOW - 「Black Swan

歌い出しのジェギョンのパートで、彼女がなぜか妙に笑顔なのが気になっていました。
静止モーションで頭を掻くメンバーもいて。動き自体は力を抜いているわけではないのですが、、、
と思ったら、3番に入ったところで、パフォーマンスが止まり、客席に笑顔で手を振って下手に退場…?。
振り返ると、曲は続いていてモニターには普段どおり歌うRAINBOWが…事前収録だったんですね。
声援は大きかったですが、放送のようなうるささは感じませんでした。


▼A.KOR - 「Always

残念なことに、彼女たちだけスタンバイ時に応援ボードを上げられなかったのです…。
舞台袖が見えていたものの誰だか分からず(というか、SONAMOOか否かという思いで見ていたので)
A.KORだと気づいたのはステージに上がってからでした。ホント申し訳ない・・・。

でも彼女たち、ステージに上がって歌う直前に、客席に特定のファンを見つけて?手を振っていました。
声援もけっこうあったので、milanoさんが観覧された一ヶ月前から状況がよくなっているなと思いました。


▼SONAMOO - 「가는 거야 (行くのよ!)

この曲は出演を予想していたので、事前に動画で予習?してから行ったのですが、それ以上によいステージでした。
テンポがよく激しい振付が全員よく揃っていて、ステージ向きの曲だと思いました。

さてステージはA.KORとの入替であわただしく、上手側(右側)の1~2人は立ち位置前に曲が始まってしまいました。
「お、珍プレーか」と思いましたが、こちらも変調前にパフォーマンス終了…事前収録分の放映でした。
(なので、私が見たステージは紙吹雪は舞っていません。)
しかしハツラツとしていて、手を抜いてないなと感じました。


▼4Minute - 「미쳐 (Crazy)

実はこの曲、ステージを見るまではあまり気に入っていませんでした。うるさ過ぎるかなと。
ところがステージを見て、パフォーマンスのキレに圧倒されて、曲が全く違和感なく入ってきました。
やはりK-POPは目で楽しむものだと実感しました。あまり作りこんだMVより、実際のライブパフォーマンスがずっと好きです。


▼Amber - 「Beautiful」&「Shake the Brass

Beautifulがライブ放送、Shake the Brassが事前収録です。
なのでルナは見れませんでした。最近のルナはすごくきれいになったので見たかったのですが。。。
そしてエンバ、(事前収録である)2曲目の最後に深々とお辞儀しました。見た目よりずっと礼儀正しく親しみやすいです。


▼その他
男性陣では、神話がトリで2曲披露してこの日のメインゲスト扱いでした。あとはMyNameとNielのファンが特に多いようでした。
次週カムバックに、ラブリズとシャノンが予告されていました。どちらも楽しみですね。


▼1位発表

全アーティストが下手から上がってくるのですが、並ぶとナミュはさすがに一回り大きい(笑)。
実は、ポミニとf(x)エンバはこれまでも活動時期が重なることが多く、1位争いも何度かあります。なので仲がいいのでしょうね。
あと、降りてゆくアーティストに片っ端から手を振りましたが、振り返してくれたのはU-Kissのメンバーでした…。


▼まとめ
図B1
旧正月連休明けの放送で、カムバック組以外の出演者が読めませんでしたが、
ずっと応援していたGFriendやNine Musesなどを見れたのはとても幸運でした。
そして、応援ボードでアーティストから手を振ってもらえたのも励みになりました。

コンサートやTV番組など、多くのアーティストが集まるイベントは、観客の多くが女性のためか、声援は男性アーティストに集まりやすく、女性アーティストはともするとアウェイな状況になります。
女性アーティストファンの皆さん、こうした会場では積極的に応援しましょう。