今回のソウル旅行では、絶対にウンビのお墓を訪れようと決めていました。

ウンビは、ソウルにある盆唐スカイキャッスル追慕公園にいます。

スカイキャッスルへの行き方


スカイキャッスルは、新盆唐線の板橋(パンギョ)駅と盆唐線の書峴(ソヒョン)駅からシャトルバスが出ています。

板橋駅からは、8:10、10:00、12:00、14:00、16:00にシャトルバスが出発します。
書峴駅からは、8:20、10:10、12:10、14:10、16:10に出発します。

私は板橋駅を使ったので、板橋駅からの行き方を紹介します。
板橋駅の3番出口を出ると、目の前にバス停があります。
シャトルバスはこのバス停にやって来ます。
スカイキャッスル
このバス停にはスカイキャッスルのスの字も書いていないのでとても不安でしたが、でもココしか無いと思って待ってたらシャトルバスが現れました。
行かれる方は、こんな感じのシャトルバスがやってきますので見逃さないでください。
スカイキャッスル
このバスに乗って、5分ほどで書峴駅に到着、書峴駅から15分ほどでスカイキャッスルに到着です。
スカイキャッスル
到着すると、ウンビ安らかにお眠りください、というスローガンが出迎えてくれます。
スカイキャッスル


スカイキャッスルの中


ウンビは5Fにいるので、入り口を入り受付はスルーして目の前のエレベーターで5Fにあがります。
エレベーターを下りて右手、4号室です。
スカイキャッスル
部屋に入った瞬間に涙が溢れてきました。
スカイキャッスル
訪れた人が残してくれたウンビの写真、ウンビへの手紙、贈り物などが陳列されています。
同じ部屋にはリセもいます。
スカイキャッスル
とはいえ、リセは日本で納骨されるのでここにはいないのですが、でも間違いなくいるんです。

2人に手を合わせて拝んだあと、部屋の中でLADIES' CODEの音楽を聴きました。
ウンビが初めてメインを任されて緊張した、ウンビが一番可愛く見える曲「So Wonderful」と「I'm fine thank you」です。

LADIES' CODE - 「I'm Fine Thank You」 Music Video

そんな感じで立ち尽くていたら、男の人と女の人が入ってきたので我に返る。

その男性が私に話しかけてきました。
会話していると、どうやらウンビの関係者らしいです。
ちょっと前までウンビは隣の5号室にいたのですが、最近部屋を移った模様。
なので、前の部屋に手紙やポスターやぬいぐるみなどが残ってて、男性がそれを4号室に移動し始めたので、私もちょっとお手伝いしました。
(上の写真のバナナのぬいぐるみと中央のポスターは私が来たときにはなかったものです)
そして、一緒に来た女性はウンビのお母さんだと教えてもらいました。
まさかの遭遇ですが、ウンビを前にして泣いているお母さんに話しかけるのは憚られたので、私も同じように祈るだけにしました。

お母さんの意向で放送された、事故直前の仕事“開かれた音楽会”の動画。

9/14 開かれた音楽会 LADIES' CODE - 「KISS KISS」

突然ですが、以前からとても気に入っているウンビの画像があります。
ウンビ
この画像なのですが、本当にウンビかどうか確信が持てなかったので紹介していませんでした。
でも、この関係者の男性がこのウンビを待ち受けにしていたので確信が持てました。
私も早速待ち受け画面に設定しました。
スカイキャッスル
色々な贈り物の中で「So Wonderful」のマイクが一番グッときました。涙を誘います。
このマイクで歌うウンビとリセ、輝いていました。
改めてお二人が安らかに眠る事をお祈りします。