わたくし、とても反省しております。
2部のチケットを持っていない方のために、私はマスコミ向けShowcaseの抽選には参加しない、など綺麗ごとを書きましたが、結局抽選に参加してしまいました。
グッズを買いに行ったら、抽選の整理券配布には全く行列ができておらず、軽い気持ちで整理券を貰ってしまったのです。
そしたら見事当選してしまったのです。
Apinkを見たくても見られない人の機会を奪ってしまいました。反省です。

Apink
整理券の配布はおそらく1,500枚くらい。当選者は114人。その倍率は約13倍!
やはりApink運は良いみたいです。
知り合いと一緒だったらその人に譲ったのですが、知り合いは急に来なくなったのでそのまま参加しました。

マスコミ向けショーケースは、自己紹介から始まりました。
チョロンは「リーダーのチョロンです。今日はとても緊張しています。韓国ではデビュー4年目となりますが、日本では新人の心で頑張りたいです」という綺麗な日本語での挨拶がとても印象に残りました。
ウンジは「Apinkのメインボーカルウンジです」の後は韓国語で挨拶。ドラマの撮影でとても忙しいから仕方が無いですね。
ナウンは「Apinkの中心ナウンです」と自己紹介しましたが、センターのことですね。
ナムジュは「Apinkのビタミンナムジュです。今日はたくさんの人に応募してもらいましたが、それでも来られない人が多かったので、今日来れなかった人のためにこれからたくさん日本に来たいです」と、チョロンに負けないくらい上手な日本語で挨拶。

Apinkの日本語担当は、やっぱりチョロンとナムジュ。2人とも本当に上手。

日本語の勉強はどうしている?という司会の古家さんの質問には、
ボミが「日本のドラマを見る。最近『1リットルの涙』が面白かった」と回答。
ハヨンは「寝る前に日本の映画や漫画を見る」と。最近覚えた単語は?という質問には「この番組は…ご覧のスポンサーの、、、ここまで覚えました!」と言ってマスコミ関係者の笑いを誘っていました。

続いて、お待ちかねのパフォーマンス。
初めて1位を取った大事な曲ですという曲紹介で「My My」を披露。
ダンスが可愛いこの曲、日本でも受けると思いました。
続いて「Mr.Chu」。「Mr.Chu」は日本初披露ですね。
今年、一番と言っていいほどたくさん聴いたこの曲ですが、やっぱり生で聴くと胸がいっぱいになりました。

そして、ついにデビュー曲が発表されました。
10月22日に「NoNoNo」でユニバーサルからデビューです。
チョロンが「ユニバーシャルからデビューします」と言ったところが今日の一番の萌えポイントでした。
カップリングは「My My」です。

そしていよいよ「NoNoNo」のパフォーマンス。
昨年の日韓交流お祭りでは噴水越し、今年のDREAM CONCERTではカメラ越し、そんな感じで今まで見づらい「NoNoNo」ばかりだったのですが、この日は視界を遮るものは何も無く思う存分堪能できました。

Apink

続いては質疑応答的なセクション。

Q:「NoNoNo」を日本で披露できた感想は?
A:日本のファンに聴かせることが出来て嬉しい。反応が楽しみ

Q:「NoNoNo」は韓国で1位を獲得しましたが、日本での目標は?
A:1位を取ることが大事だとは思わない。たくさん愛されたい。みんなとたくさん楽しみたい

Q:妖精であるために気をつけていること
A:妖精でいるよう努力というよりも、ありのままの自分を見せている。それをみんなが妖精と捉えてくれていて、ありがたい

Q:日本語版「NoNoNo」の歌詞はもう出来てる?出来てないなら韓国語版の歌詞のコンセプトを教えて下さい
A:残念ながらまだです。みんなの力になる、応援ソングがコンセプト

Q:これからファンになる人のために、1人ずつアピールポイントを教えてください
ハヨン…背が高い所と一番若い所
ナムジュ…大きい目
ナウン…ウェストが細い所
ウンジ…笑ったときに口元があがる所
ボミ…ピンポンやテコンドーなど運動が得意と、よく食べる
チョロン…一番年上だけど一番背が低い。リーダーとしての重みを背負っている所

Q:共演したい芸能人は?
チョロン…蛍の光の主役の人(綾瀬はるか)
ボミ…安室奈美恵センパイ
ウンジ…古家さん
ナウン…SMAPセンパイ
ナムジュ…家政婦のミタのミタさん!(松嶋菜々子)
ハヨン…正義の味方の主役の人(山田優)

最後にチョロンが「メンバー全員が待ち望んだ今日のステージ。これからも初心を忘れず、今日と言う日の胸に刻みたいです。Apinkがこれからどのように成長して行くか、ここにいるみなさんは特に暖かく見守っていてください」と流暢な日本語でメッセージを送って終わりました。