渋谷と新宿のSHIDAXで展開しているeVERYSING with SHIDAXに行って来ました。

eVERYSINGというのはSMエンタテインメントが経営しているカラオケ・グッズショップです。
そのeVERYSINGがSHIDAXとコラボしてSMエンタテインメント所属アーティストの映像などが楽しめるeVERYSING with SHIDAXを昨年9月から展開していたのです。

これが本場ソウル狎鴎亭(アックジョン)にあるeVERYSINGのショップの様子です。
女性がたくさん。
eVERYSING with SHIDAX

私が行ったのは渋谷のSHIDAX。
SUPER JUNIORファンの友人からは、あれはSM教の信者がお布施のために行くところだと馬鹿にされながらも行きました。

3FのeVERYSINGフロアに入ると本場のeVERYSINGのような雰囲気でした。
eVERYSING with SHIDAX
受付ではアーティストのいろいろなグッズが販売中です。
少女時代のツアーグッズも売っていました。
右下のキャリーバッグ欲しかったんだよなぁ。でも25000円もするので手が出ない
eVERYSING with SHIDAX

通路にもアーティスト写真がたくさん。
eVERYSING with SHIDAX
eVERYSING with SHIDAX
こちらは通路ではなく特別ギャラリー的な部屋。
eVERYSING with SHIDAX
eVERYSING with SHIDAX
テヨン〜

eVERYSING with SHIDAXには東方神起ルーム、BoAルーム、SUPER JUNIORルーム、SHINeeルーム、少女時代ルームとありますが、私が行ったのはもちろん少女時代ルーム。
案内された部屋はこんな様子でした。
入って右手にはモニタとテヨンのポスターとサイン入りTシャツ。
テヨンがいる部屋でラッキー
eVERYSING with SHIDAX
左手にはソヒョンのポスターと全体写真。
eVERYSING with SHIDAX
サイン入りTシャツのアップ。
eVERYSING with SHIDAX
蝶々みたいなのがテヨンのサインですね。
他はわかりません><

カラオケのモニターでは、曲が流れていない間は「I GOT A BOY」のMVのメイキング映像が流れていました。
で、モニターの横にあるのはその「I GOT A BOY」のときにソヒョンが履いていたスニーカーです。
eVERYSING with SHIDAX
eVERYSING with SHIDAX
お土産にタンブラーをもらいました。
eVERYSING with SHIDAX

部屋代にはタンブラー以外にカップケーキとドリンクが含まれています。
カップケーキ甘かったなぁ。
eVERYSING with SHIDAX
ドリンクは少女時代のマグカップで出てきます。
このマグカップも受付で買うことが出来たはずです。
eVERYSING with SHIDAX
食べ物は通常のSHIDAXで提供されているものは注文できません。
ごく限られたなかからピザとポテトを注文。
出来立てとは到底思えないビックリするくらいのぬるさで提供されテンションが落ちます。
レンチンでももうちょっと温かくできるだろうに。
そしてピザがびっくりするぐらいしょっぱい。
行く場合は食事をしてから行くことをオススメします。
eVERYSING with SHIDAX

部屋の中に置いてある韓国の雑誌には少女時代は見当たらず、変わりにCRAYON POPが載っていました。
eVERYSING with SHIDAX
最近CRAYON POPが普通の服を着ているけどなんか違和感。
eVERYSING with SHIDAX

カラオケのメーカーはJOY SOUNDでした。
JOY SOUNDには少女時代の本人映像は5曲しかありません。ショボい…
DAMなら19曲あるのでDAMだともっと楽しめるのに何故JOY SOUND。
eVERYSINGフロアはすべてJOY SOUNDのようで、要するにカラオケ自体はあまり楽しめません。

せっかくの少女時代ルームですが、歌ったのは「Female President」や
eVERYSING with SHIDAX
NoNoNo」でした。
eVERYSING with SHIDAX

他の部屋を覗いてみたら、この部屋はスヨンとユリがいました。
eVERYSING with SHIDAX
eVERYSING with SHIDAX

以上、eVERISING with SHIDAXはこんな感じです。

まとめると、
・部屋に入って写真を撮っている時が楽しさMAX
・出落ち感、お布施感が半端ない
・食事とカラオケは楽しめない
・これで2時間5500円は相当高い
・でもブログのネタになったから満足
こんな感想です。 

これから行こうと思っている方の参考になれば幸いです。